HTS 架台シリーズ

HTSオリジナル架台販売事業

太陽光発電モジュール専用架台

超軽量・HTS架台の特徴


 

HTSフレーム(鋼材厚1.0mm)使用の軽量設計

 

HTSフレームはCチャンネル断面に比べて高い性能を発揮。圧縮⼒は約2倍・曲げ耐⼒は約1.5倍 向上しています。

同強度のCチャンネル(厚み:2.3mm)に比べ鋼材厚を薄くできるため、タッピングビスでの接合が可能となり、高い施工性を実現します。

HTS架台シリーズ 概要


 

積雪・塩害地域に対応、嵩上げも可能なフレキシブル性能

HTS架台シリーズ 標準仕様

HTS架台【クラシック】標準品

鋼材規格:SGC400(国内スチールハウスに使われる鋼材)

表面処理:Z35(溶融亜鉛めっき)

 

スチールハウスに用いられる鋼材(厚み:1mm)に溶融亜鉛メッキ処理を施し、高耐食性を実現したHTS架台の標準仕様。


HTS架台シリーズ 高意匠仕様

HTS架台【ステルス】景観規制対応

鋼材規格:SGC400

表面処理:Z35 + カラー焼き付け塗装(塗膜20μ以上)

 

【クラシック】にカラー焼き付け塗装を追加した、二層塗装処理仕様。
ブラック仕上げにより、住宅屋上設置等で高い意匠性を実現。


HTS架台シリーズ 塩害地仕様

HTS架台【アルミニウム】塩害地仕様

鋼材規格:A6N01 - T5 / AS175(アルミニウム合金)

表面処理:アルマイト加工

 

HTSフレーム独自の断面形状を活かしたアルミニウム合金押出成形品。
厚みを1.5mmとすることで【クラシック】以上の性能を確保。


 

長期運用に耐える耐食性能【クラシック】

垂大気中の耐用年数については、使用環境による亜鉛の腐食速度と、亜鉛の付着量から次のように計算できます。

 

耐用年数 = 亜鉛付着率(g / ㎡)÷ 腐食速度(g / ㎡・年)× 0.9(安全率)

 

日本における使用環境別の亜鉛平均腐食速度と耐用年数は下表の通りであり、グラフは使用環境別耐用年数となる。

HTS架台に使用する表面処理規格 ”Z35” における亜鉛付着量は下記の通り

両面付着率:350 g / ㎡

片面付着率:175 g / ㎡

暴露試験地位域腐食速度
(g / ㎡・年)
耐用年数
都市・工業地帯8.020
田園地域4.436
海岸地域19.68

※亜鉛めっき鋼構造研究会 溶融亜鉛めっきの耐食性より

HTS架台シリーズ 耐用年数表


 

案件毎の専用設計

 

様々なご要望にお答えするため、弊社では案件毎の専用設計により高い施工性を実現します。

 

HTS架台シリーズ 専用設計サンプル


軽量設計によるコスト削減

 

1MW用の4段架台で比較した場合、通常鉄骨架台で約160tの重量です。
HTS架台なら 約35t最大78% もの大幅な軽量化を実現します。
軽量化は 資材費・運搬費・施工人件費 等のコスト低減に繋がります。

HTS架台シリーズ 軽量化比較


 

頑丈・コンパクトな梱包で破損リスク低減・運搬コスト削減

4本1セットの頑丈梱包

 

HTSフレームは独⾃の断面形状により4本のフレームをお互いの溝部分にはめ込むことでコンパクトな梱包が可能になります。
フレームが互いに支えあうことで輸送時の破損リスクも大幅に回避することができます。

HTS架台シリーズ 頑丈梱包

1パレットでの輸送効率向上

 

HTSフレームを使用したHTS架台は従来のCチャンネル架台と比較し体積当たりの重量が軽くなっています。
これにより同様の運搬車両により多くの資材が積載でき、輸送コストの低減を実現しています。

HTS架台シリーズ 輸送効率向上


 

出荷時プレカット済み連結部分には記号シール付きにより、間取り・施工効率を向上

HTS架台シリーズ プレカット済み

出荷時プレカット済み

HTS架台は出荷時より使用モジュールまたは架台仕様(段数・角度・列数・設置高さ)に併せて、鋼材プレカットおよび連結部分の下穴加工を行っております。

これにより施工現場での加工を必要とせず、スムーズな施工性を実現しております。

また架台ユニット単位で梱包を行っており、施工現場でのスムーズな間配りを実現します。

連結部分へ記号シールを貼付

HTS架台は出荷時より各フレームの連結部分に記号シールを貼付けております。

これにより同一の記号部分を連結していくことで施工の簡素化・効率化を実現しています。

また作業時の組立ミスを未然に防ぎ工期の遅延リスクを減少しています。

HTS架台シリーズ 記号シール


 

架台設置 参考写真

HTS架台シリーズ 参考写真



page top

Copyright ©  株式会社ほくたい hokutai Inc. All rights reserved.